2015.3.9 05:03(1/2ページ)

G撃OK!阪神・福留、宿敵から快振二塁打&快走キャッチ

五回、右翼線に二塁打を放った福留。G相手に攻守でみせた

五回、右翼線に二塁打を放った福留。G相手に攻守でみせた【拡大】

 オープン戦(8日、阪神0-1巨人、甲子園)巨人の戦闘服に、燃えないわけがない。悠然と二塁に到達すると、福留は気持ちよさそうに歓声を浴びていた。

 「まだ自分でタイミングがとれているときと、とれていないときがあるから、その差を少しでも縮めていければいいね」

 ゴメスが左脇腹痛で欠場し、5番に昇格。五回先頭の第2打席。先発・西村に追い込まれてからの内角140キロを見逃さなかった。バットを鋭く反応させ、右翼線に運んだ。得点にはつながらなかったが、6日の西武戦(甲子園、2打数1安打)から2試合連続で「H」ランプを灯した。

 直後の右翼守備でも魅せた。六回先頭・井端の追っつけた飛球に突っ込んで、シングルハンドキャッチ。「普通。特に難しいということじゃない」とサラリとした表情をみせたが、打者ごと、カウントごとにポジショニングを変える職人ならではの技だ。ましてや、井端とは元チームメート。ファウルで粘り、ヒットゾーンに落とす技術にたけていることは誰よりも知っていた。

【続きを読む】