2015.3.8 05:03(3/3ページ)

ダル重症だった…MRI検査で判明、最悪の場合は右肘手術も

ダル重症だった…MRI検査で判明、最悪の場合は右肘手術も

特集:
ダルビッシュ有

 緊急降板から一夜明けた6日(同7日)には左腕でキャッチボールをし「(前日と比べて)まだ、ましです。まだ(検査結果が出るまでは)何もないです」と話していたが、結果は重傷だった。レバインGM補佐が「午後にMRI検査を受け、チームドクターの診断を受ける」と発表した。

 今後の登板はもちろん白紙だ。有力視されていた4月6日(同7日)の開幕戦先発も絶望的となった。昨年も開幕投手に内定しながら、直前に首を痛めてドタキャン。同8月には右肘痛で故障者リスト(DL)入りし、そのままシーズンを終えたダルビッシュ。今季もまた、大きな試練に直面した。

トミー・ジョン手術

 損傷した肘の靱帯(じんたい)を切除し、他の部位から正常な腱を移植する手術。1970年代にフランク・ジョーブ博士(昨年3月に死去)によって考案され、当時ドジャースのトミー・ジョン投手が74年に初めて受けたことからこう呼ばれている。124勝していた同投手は手術後に奇跡のカムバックを果たし、46歳で引退するまでさらに164勝を積み上げた。日本選手では村田兆治氏、桑田真澄氏のほか、現役では松坂大輔らが手術を受けて復活した。

キャンプ日程へ

OP戦日程へ

(紙面から)