2015.3.8 05:03(2/3ページ)

ダル重症だった…MRI検査で判明、最悪の場合は右肘手術も

ダル重症だった…MRI検査で判明、最悪の場合は右肘手術も

特集:
ダルビッシュ有

 衝撃の発表に、レ軍のキャンプ地が大揺れだ。5日(日本時間6日)のロイヤルズ戦で右上腕三頭筋の張りを訴えてわずか12球で降板したダルビッシュが、MRI検査を受けた結果、右肘の内側側副靱帯を損傷していることが分かった。

 球団は最悪の場合、トミー・ジョン手術の選択肢もあると発表。精密検査は近日中に受ける見込みだが、ダルビッシュやレ軍が手術を決断した場合には、今季だけではなく1-2年も離脱する可能性も出てきた。

 ダルビッシュは球団を通して「今季絶望になったら失望する。最終決断を下す前に、セカンドオピニオンを含んだすべての選択肢を聞きたい」とのコメントを発表。メスを入れずに、保存療法を選ぶことも考えられる。

【続きを読む】