2015.3.6 16:00

虎・藤浪、自己最速タイの157キロ3連発!大阪桐蔭高後輩・森をねじ伏せる

7回、フライに倒れる西武・森=甲子園球場(撮影・彦野公太朗)

7回、フライに倒れる西武・森=甲子園球場(撮影・彦野公太朗)【拡大】

 オープン戦(6日、阪神-西武、甲子園)阪神・藤浪晋太郎投手(20)と西武・森友哉捕手(19)の“大阪桐蔭高対決”が実現。高校時代にバッテリーを組み、甲子園で春夏連覇を果たした先輩・後輩のプロ初対決は、藤浪が自己最速タイの157キロを3球連続で投じ、後輩をねじ伏せた。

 藤浪は六回から4番手として登板。2イニングス目となった七回一死、森とのプロ初対戦を迎えた。初球は153キロのストレートを内角低めに投じ、森が豪快なスイングで空振り。2球目からは3球連続で157キロのストレートで勝負。空振りとファウルの後、最後は左飛に仕留め、先輩がオール直球で後輩を退けた。

メッセンジャー(4回2安打無失点)「全てにおいて、前回より良くなっている」

福留(オープン戦初出場で適時打)「変化球を見ながら、打席の中でのアプローチをしっかり調整していきたい」

西岡(三回にオープン戦初安打)「あんまり良くない。内容がしっくりきていない」

試合結果へ

OP戦日程へ