2015.3.6 14:20

若虎に魅せた! 虎・福留がオープン戦初出場でタイムリー

3回、タイムリーを放つ阪神・福留=甲子園球場(撮影・中島信生)

3回、タイムリーを放つ阪神・福留=甲子園球場(撮影・中島信生)【拡大】

 オープン戦(6日、阪神-西武、甲子園)左足の張りで実戦から離れていた阪神・福留孝介外野手(37)が、「6番・右翼」で先発出場。2月17日の楽天戦以来の実戦復帰だったが、第2打席でタイムリーを放ち、若虎が活躍を見せる中、ベテランの存在感を示した。

 オープン戦初出場については、試合前に「年寄りだからゆっくりやるよ」とコメントしていた福留の第1打席は無死一塁で迎えるも、西武先発の野上のフォークに空振り三振に倒れた。守備では三回、秋山の右中間へのライナー性の当たりをランニングキャッチし、軽快な動きを披露した。

 三回の第2打席。西武2番手・岩尾の5球目を右前に運び、二走・ゴメスが生還。追加点を挙げたところで代走を出され、この回限りで交代した。

試合結果へ

OP戦日程へ