2015.2.25 09:55(1/2ページ)

新井1安打!堂林2安打!広島、仁義なき“三塁戦争”勃発

新井1安打!堂林2安打!広島、仁義なき“三塁戦争”勃発

 春季キャンプ練習試合(24日、広島2-2韓国KIA、コザしんきん) 8年ぶりに広島に復帰した新井貴浩内野手(38)が24日、韓国KIAとの練習試合に「6番・三塁」で先発。1打数1安打1四球で三塁の定位置奪取をアピールした。同じく三塁のレギュラーを目指す堂林翔太内野手(23)も途中出場で2打数2安打2打点。入団したときにはいなかった先輩に負けじと結果を残した。

 小雨がぱらつく中、38歳と23歳が火花を散らした。まずは先発した新井だ。2点を追う二回、一死走者なしの場面で、痛烈な左前打を放った。

 「しっかりと集中して、集中して、バッターボックスに入ること」

 対外試合2試合目での初安打にも、「集中して」というフレーズを繰り返して表情ひとつ変えなかった。四回一死からの第2打席は、制球の定まらない相手投手から冷静に四球を選んで出塁し、磯村の左前打で生還した。

 三塁手として出場した初めての実戦。四回まで守備についたが「打球が飛んでこなかったので残念でした」と苦笑い。それでも随所で投手陣に声をかけるなどして、試合のリズムを作った。

【続きを読む】

  • 1安打1四球の新井
  • 7回、適時打を放つ広島・堂林=沖縄コザ運動公園(撮影・松永渉平)
  • 6回、代打で打席に向かう広島・堂林=沖縄コザ運動公園(撮影・松永渉平)
  • 6回、右中間へ適時三塁打を放ち激走する広島・堂林=沖縄コザ運動公園(撮影・松永渉平)
  • キャッチボールでボールを操る広島・新井=沖縄コザ運動公園(撮影・森田達也)
  • 三塁の守備につく広島・新井、手前は今井=沖縄コザ運動公園(撮影・森田達也)
  • 2回、安打を放つ広島・新井=沖縄コザ運動公園(撮影・森田達也)
  • 4回、安打を放つ広島・グスマン=沖縄コザ運動公園(撮影・森田達也)
  • 2回、二塁打を放つ広島・グスマン=沖縄コザ運動公園(撮影・森田達也)
  • 選手交代を告げる広島・緒方監督=沖縄コザ運動公園(撮影・松永渉平)
  • 広島・福井=沖縄コザ運動公園(撮影・森田達也)
  • 投球する広島・大瀬良=沖縄コザ運動公園(撮影・森田達也)