2015.2.19 05:02

西武D1・光成、自己最速3キロ更新に「トレーニングの効果」

特集:
2014ドラフト会議
高橋光は152キロの速球を投げ、華々しく実戦デビューを飾った(撮影・松永渉平)

高橋光は152キロの速球を投げ、華々しく実戦デビューを飾った(撮影・松永渉平)【拡大】

 西武春季キャンプ練習試合(18日、阪神1-0西武、春野)西武のドラフト1位・高橋光成投手(18)=前橋育英高=が18日、高知・春野で行われた阪神2軍戦に先発し、1回無失点。いきなり自己最速を3キロ更新する152キロを投げる衝撃の実戦デビューを飾った。

 「152キロはあとから気づいた。正直うれしかった。少しですが、キャンプのトレーニングの効果が出てきているのかな。すごく緊張していたので、きょうは1回で良かったです」

 2013年夏の甲子園V右腕はやはりモノが違った。横田を直球で空振り三振。俊介に対しては152キロを投げたが、四球。関本の中前打で一死一、二塁のピンチを招いたものの狩野を左飛、西田を中飛で切り抜けた。

 阪神・掛布GM付育成&打撃コーディネーターは「この時期に150キロを超えるのはすごい。高卒とはとても思えないね」と絶賛。視察した渡辺久信シニアディレクター(SD)も「あれだけスピードが出るとは思わなかった。高卒ルーキーにしては堂々としていた」と想像以上の出来に驚いた。同SDが「将来的にはうちのエースになってほしい」と期待する若獅子が、プロとしての第一歩を踏み出した。

キャンプ日程へ

ドラフト指名選手一覧

(紙面から)