2015.2.16 05:02

燕・ライアン小川、初登板は帰京後 キャンプ中の実戦を回避

 ヤクルト・小川泰弘投手(24)が沖縄・浦添キャンプでの実戦登板を回避することが15日、分かった。11日に左脇腹の張りを訴えて以降、本格的な投球練習を見合わせており、帰京後の2月28日か3月1日の巨人とのオープン戦(東京ドーム)に初登板の照準を合わせる。

 この日はブルペンで捕手を立たせた状態で50球を投げたエース右腕。開幕投手候補だが、高津投手コーチは「シーズン中にフルで活躍することが大事。あせらせても、しようがない」と話した。

キャンプ日程へ

(紙面から)