2015.2.10 05:03(1/2ページ)

楽天・片山、打者に転向!打撃練習で柵越え連発…片鱗見せた

昨年のキャンプで紅白戦に登板した片山。左の長距離砲として、再生を目指す

昨年のキャンプで紅白戦に登板した片山。左の長距離砲として、再生を目指す【拡大】

 楽天の2006年高校生ドラフト1位左腕で、中継ぎとして活躍した片山博視投手(27)が、10日から打者に転向する。球団関係者が9日、明らかにした。左肘痛の影響もあって投手を断念。1メートル91、95キロの体格を生かし、一塁手兼DHのパワーヒッターとして再起を図る。

 片山は野村克也元監督が就任した06年に入団。1年後輩の田中(現ヤンキース)らと将来のエース候補として期待され、08年には完封勝利も挙げた。その後は主に中継ぎとして起用され、10、11年に2年連続で50試合以上登板した。だが左肘痛など度重なる故障で昨季の登板はわずか4試合。10年目のキャンプを過ごすなかで、球団からのすすめもあり、大きな決断を下した。

【続きを読む】