2015.2.1 18:00(4/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】横田は掛布&バース級! 補強壊滅の中村GM「育てられなきゃ全員クビ」

特集:
2014ドラフト会議
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
中村勝広GMも絶賛! “今年こそV!”の要になりそうな横田慎太郎外野手=甲子園室内(中島信生撮影)

中村勝広GMも絶賛! “今年こそV!”の要になりそうな横田慎太郎外野手=甲子園室内(中島信生撮影)【拡大】

 横田を指導している八木二軍打撃コーチは熱心に指導しています。「彼は無理やり、引っ張らなくてもセンター中心に打っていって、大きい当たりを打てる。今のままの打撃スタイルを継続していけばいい。大いに期待しています」。性格的にも明るくて、大物感が漂っているそうです。今シーズンはウエスタンリーグの開幕から、常時スタメンで起用されるでしょう。もちろん、春季キャンプを無事に過ごし、さらに鍛え上げた上での話ですが、二軍で結果さえ残せば、今シーズン中の一軍昇格の可能性もありますね。

 打撃の特長として、センターから左方向に打球を飛ばせる、というのは甲子園球場の申し子ともいえるでしょうね。本拠地・甲子園球場は右翼からホーム方向に強烈な浜風が吹きます。阪神の左打者は甲子園の浜風に泣かされてきたのです。しかし、2人の左打者だけは甲子園球場で本塁打を量産しましたね。それは掛布とバースですね。「共通点は左方向に流し打って、レフトにホームランを打ったことだ。浜風に逆らわず、センターから左方向に打てたから、掛布もバースも甲子園球場を本拠地としながら本塁打王を獲得できたんだ」。阪神のチーム関係者の話ですが、横田の打撃は掛布やバース級の長所があるわけです。

【続きを読む】