2015.2.1 18:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】横田は掛布&バース級! 補強壊滅の中村GM「育てられなきゃ全員クビ」

特集:
2014ドラフト会議
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
中村勝広GMも絶賛! “今年こそV!”の要になりそうな横田慎太郎外野手=甲子園室内(中島信生撮影)

中村勝広GMも絶賛! “今年こそV!”の要になりそうな横田慎太郎外野手=甲子園室内(中島信生撮影)【拡大】

 この選手を育てられないなら二軍の首脳陣は全員クビを覚悟せよ! 激しい檄が飛んだそうです。発言の主は阪神・中村勝広GM(65)でした。「この選手」とはドラフト2位で入団して2年目、横田慎太郎外野手(19)ですね。きょう2月1日からプロ野球は一斉にキャンプイン。阪神も一軍は沖縄・宜野座、二軍は高知・安芸で春季キャンプをスタートさせましたが、期待の若虎は横田なのです。抜群の身体能力が開花すれば、今季中の一軍デビューもあるでしょう! 

 いよいよ春季キャンプがスタートしましたね。プロ野球のお正月ですよ。阪神も一軍は沖縄・宜野座、二軍は高知・安芸でそれぞれキャンプを始めました。「今年はキャンプ地の呼称を一軍、二軍と呼ぶ。昨年は宜野座組、安芸組と呼んでいたが、そういう配慮はいらない。キャンプ中にも一軍と二軍の入れ替えをどんどん行い、競争意識を高めたい」。1年契約で勝負のシーズンを迎える和田監督もチーム内競争の激化による、戦力アップを目指しています。オフの戦力補強は壊滅状態で、なんら収穫のないままキャンプインを迎えました。ドラフト2位の石崎剛投手と3位の江越大賀外野手だけが一軍キャンプの新戦力という、目新しさに欠ける状況だけに、現有戦力のスキルアップを目指すしかありませんよね。

【続きを読む】