2015.1.22 05:03(3/3ページ)

正捕手オレや!虎・鶴岡、梅ちゃんに待った「そうはさせん!!」

阪神・鶴岡の年度別打撃成績

阪神・鶴岡の年度別打撃成績【拡大】

 「(梅野が)いた方がいいです。他の捕手もいるし、僕らが刺激を与えたら梅ちゃんもさらに頑張るから、その頑張りに僕も負けない。野球選手って負けず嫌いだから。もっとうまくなりたい」

 後輩にエールを送ることで自身も奮い立つ。経験豊富な藤井や昨季開幕スタメンの清水もライバルだ。西岡vs上本の二塁も注目だが、捕手も激戦区。20年目のベテランが若虎の前に立ちはだかる。 (安藤理)

★虎の捕手事情

 捕手は昨季、梅野が最多の92試合に出場した。鶴岡はそれに次ぐ77試合も、9月以降に出番が目立った。34試合にとどまった藤井も日本シリーズで先発マスクをかぶるなど差はない。昨季の開幕捕手を勝ち取った清水、岡崎や小宮山、小豆畑も控え、甲子園のクラブハウスを訪れた山田バッテリーコーチは「捕手は横一線。梅野は昨年の経験をどれだけ生かせるか、ベテランも簡単に抜かれはしないだろう」と競争を強調した。

(紙面から)