2015.1.20 05:04(1/4ページ)

虎戦士に愛された大豊さん急死…急性骨髄性白血病と戦って6年

阪神時代の大豊さん(右)(左は今岡)。バットで暗黒時代の阪神を引っ張った

阪神時代の大豊さん(右)(左は今岡)。バットで暗黒時代の阪神を引っ張った【拡大】

 中日、阪神で活躍した大豊泰昭さんが18日午後10時41分、名古屋市内の病院で、急性骨髄性白血病のため死去した。51歳だった。一本足打法から量産するアーチでファンを魅了したスラッガーが早すぎる最終打席を迎えた。中日時代の恩師、星野仙一氏(67)=楽天シニアアドバイザー=が追悼メッセージを送った。

【続きを読む】