2015.1.19 05:03(3/3ページ)

日本ハム・大谷クン、永住して~ 鎌ケ谷市長が異例のお願い

2013年に行われた「新入団選手歓迎式典」で大谷(右)に地元名産の梨を手渡した清水市長(左)は、“鎌ケ谷永住”をリクエストした

2013年に行われた「新入団選手歓迎式典」で大谷(右)に地元名産の梨を手渡した清水市長(左)は、“鎌ケ谷永住”をリクエストした【拡大】

 球団の規則では、高卒新人は入団から5年目のシーズン終了まで寮生活が可能。その後は退寮を命じられるが、独身で本人が継続を希望する場合は球団が検討する。退寮しても、同市内のマンションなどで暮らすという選択肢もある。清水市長の言葉から推察すれば、もはや大谷の置かれた立場は地方行政も含めた“三刀流”の域に達する。 (西村浩一)

★納税額は…

 大谷は鎌ケ谷市民で千葉県民でもある。今年度の市民税と県民税は昨年中の所得を基礎に算定される。税率は一律で10%(市民税6%、県民税4%)。年俸だけで単純計算すると、昨季は3000万円だったため、今年の市民税は180万円。今季の年俸は1億円なので、来年の市民税は600万円。昨年度の税収が約131億円の鎌ケ谷市にとっては大きな金額といってよさそうだ。

清水 聖士(しみず・きよし)

 1960(昭和35)年11月26日生まれ、54歳。広島県出身。修道高から筑波大に進学し準硬式野球部に在籍したが、80年3月に中退。84年3月に早大法学部を卒業し、同4月に伊藤忠商事入社。92年に米ペンシルベニア大大学院ウォートン・スクールでMBA(経営学修士号)取得。帰国後、外務省勤務を経て2002年に鎌ケ谷市長に当選。現在4期目。家族は夫人と1女。

鎌ケ谷市(かまがやし)

 千葉県の北西部に位置。面積は約21平方キロメートル。人口は約10万8000人で、年々微増している。東武野田線、新京成線などの私鉄4線が通っており、都心から25キロメートル圏内と近年はベッドタウンとして発展。千葉県の特産物である梨の収穫量、産出額はともに県内上位に入る。1997年3月には日本ハム2軍施設のファイターズタウン鎌ケ谷がオープン。少年野球教室なども開催されている。清水聖士市長。

(紙面から)