2015.1.16 05:02(1/2ページ)

阪神・上本、自然体で二塁死守へ「自分のことをやるだけです」

ティー打撃を行う上本。ポジション争いより、自分の精進のみに没頭する

ティー打撃を行う上本。ポジション争いより、自分の精進のみに没頭する【拡大】

 阪神・上本博紀内野手(28)が15日、甲子園室内練習場で新井良太内野手(31)との自主トレを公開。周囲の“雑音”を封印し、西岡剛内野手(30)との二塁争いに挑む考えを示した。

 あくまで敵は自分自身。どんなに騒がれても関係ない。上本が自然体で二塁を死守する。

 「何て言ったらわからないけど、報道が迷惑なくらいなんです。自分のことをやるだけです」

 西岡との二塁争いについて質問されたときだ。レギュラー争奪戦を報じられていることを、露骨に煙たがった。「(ポジション争いは)勝つ、負けるというのはあると思うけど、しっかりと自分のやれることをやっていれば、結果が良くても悪くても後悔しない」。己を高めることだけに集中する構えを見せた。

【続きを読む】