2015.1.11 05:05(2/4ページ)

藤浪、虎に福呼ぶ!!西宮神社「福男選び」の二番福はなんと球友

小池内野手(右)は最後で抜かれたが堂々の二番福

小池内野手(右)は最後で抜かれたが堂々の二番福【拡大】

 新年早々、思わぬ形で福がやってきた。かつてのチームメートの“快挙”にホクホク顔だった。これで2015年の活躍は間違いなし!? 藤浪が興奮気味に明かした。

 「実は、二番福になったのが、僕の同級生なんですよ。年明けに会いました。『縁起がいい』って記事にしておいてください!!」

 この日、阪神もシーズン前に必勝祈願を行う西宮神社で「福男選び」が行われた。午前6時の開門を合図に、参拝一番乗りを目指して境内を駆け抜ける新年恒例行事。二番福に入ったのが、大阪桐蔭高時代のチームメート、小池裕也内野手(20)だった。

 現在、関大野球部に所属している元同僚は、3年前の選抜決勝・光星学院高戦に4番で出場。本塁打を放って、優勝に貢献した戦友で、ともに歓喜を味わった。高校卒業後も交流があり、5日から自主トレを行った母校でも顔を合わせていた。

 「夜の1時半に寝ようとしていたら、彼から『1500人中1番くじを引いた』という電話がかかってきました」。列の順番を決める抽選でなんと先頭を引き当てたとの一報。朝に目が覚めると、共通の友人からのメールアプリ「LINE」で二番福ゲットを知ったという。

【続きを読む】