2015.1.8 13:53

阪神・和田監督、西岡と直接会談へ「本人に一番先に伝えたい」

報道陣の取材に応じる阪神・和田監督=鳴尾浜球場(撮影・松永渉平)

報道陣の取材に応じる阪神・和田監督=鳴尾浜球場(撮影・松永渉平)【拡大】

 阪神・和田豊監督(52)は8日、鳴尾浜でスタートした新人合同自主トレを視察後、西岡剛内野手(30)の中堅コンバートプランについて言及。海外フリーエージェント(FA)宣言した鳥谷敬内野手(33)が結論を出した後、西岡と直接会談し、方針を伝える考えを示した。

 「自分の中では固まってはいるんだけど、それを伝える段階ではないので。それが、ここ何日間かで、そういう(鳥谷の去就がはっきりする)方向になると思うので、本人に一番先に伝えたい」

 西岡の転向案は、鳥谷が流出し、大和が遊撃にまわった場合に備えてもの。しかし、前日7日に西岡が「二遊間で出られないなら、控えでもいい。グラブも外野用は用意しない。するつもりもない」と受け入れるつもりはないことを改めて表明した。

 鳥谷は週明けとなる13日にも阪神サイドに答えを伝えるもようで、和田監督は「現時点で俺の頭の中に、ああなったらこう、こうなったらこう、というのはあるけど、そこ(鳥谷)が決まってこないことにはね」と背番号「7」とひざを突き合わせたい意向を語った。