2014.12.24 05:03

燕・つば九郎、残留を宣言!ロッテの“鳥”的補償の要求拒否

つば九郎は「つばくろうは ちばくろうになりません!」とのメッセージを手にして、ヤクルト残留を宣言した (撮影・塩浦孝明)

つば九郎は「つばくろうは ちばくろうになりません!」とのメッセージを手にして、ヤクルト残留を宣言した (撮影・塩浦孝明)【拡大】

 ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が23日、FA移籍した成瀬の“人(鳥)的補償”として指名してきたロッテの要求を拒否し、残留を宣言した。

 そもそもFAの人的補償に選手側の“拒否権”はないが、ふてぶてしさは球界一のつば九郎。神宮外苑のオフィシャルグッズショップでのクリスマスイベントに出演後、「ちばくろうには なりません。とり(鳥)だけに ちきん(チキン)とおことわりします」と明言した。

 ロッテの山室球団社長が16日に開いた緊急会見で獲得をぶち上げ、3年契約とロッテのお菓子3年分や神宮とQVCマリンでの“二刀流”プランなど好条件を提示。つば九郎はロッテ側の思いに「かんしゃ かんしゃ」と頭も下げた。

 全選手の“おおとり”で契約更改することを明かして「おおあま さていで おねがいします」と衣笠球団社長へのおねだりも忘れなかった。

FA有資格選手

(紙面から)