2014.12.17 05:03

【記者の目】助っ人4人でチーム総年俸の1/3

 エースと守護神、4、5番が外国人。来季の助っ人の総年俸はシメて約12億円になる。今季の日本人選手の年俸総額が24億5500万円だから、チームの人件費の3分の1を4人の助っ人で占めることになる。

 シーズン終盤、球団首脳は「ゴメスが打てば勝つ。打たないと負ける。チームは外国人頼みで、面白みが少ない」と嘆いていた。マートンは優良助っ人だが、ヒットメーカー。見合う額かどうかは評価が分かれるところだ。上層部から、8000万円ほどで獲得できるドミニカ共和国などの助っ人と比較してみれば…という声も出たが「中島が来ずに、鳥谷が出ていったら誰が打つんですか」という意見が出て、早い時点で来季残留が決まったという。

 ここ数年ヒット連発の渉外部門は称賛されていいが、スカウト部門と現場が力を合わせ、藤浪に続く主力の生え抜き選手を作らなければ、チームの魅力は薄れていく。 (運動部デスク・大沢謙一郎)

(紙面から)