2014.12.13 05:03

巨人・大田、“アロハ打法”で来季4番へ「レベルアップ」

大きなハンバーガーにかじりつく大田。アロハ打法で来季は全開だ(撮影・小倉元司)

大きなハンバーガーにかじりつく大田。アロハ打法で来季は全開だ(撮影・小倉元司)【拡大】

 【ホノルル(米ハワイ州)11日(日本時間12日)=桜木理】巨人・大田泰示外野手(24)が、原監督も期待する4番定着を誓った。

 「打席の中で力みはなくなったと思う。その(4番)打順で多く試合に出られるようにレベルアップをしたい」

 今季は終盤戦で“プチ”ブレーク。指揮官も「十分に可能性を持っている」と将来性込みで4番定着を願っている。

 11月には巨人&阪神連合の一員として米大リーグ選抜と対戦。その際に目にした2008年MLB新人王、エバン・ロンゴリア内野手(29)=レイズ=の広角打法を参考にするつもりだ。ロンゴリアの「ロ」、さらに安定感を求める「ア」。原監督を納得させる「ハ」を組み合わせた“アロハ打法”が目標だ。アロハシャツは着なくとも、ハワイの青空に向かって打つがごとく豪快な打法に磨きをかける。

 「安定感は一番大事。(監督に)期待してもらっているのを受け止めて、野球に集中したい」。この日はホノルル郊外のゴルフ場でテレビ番組の収録に臨み、何と380ヤードをかっ飛ばした。未完の大砲が、原巨人の起爆剤となる。

変則打法あれこれ

★王貞治 一本足打法
 投手側の足を高く上げて構える打法。「フラミンゴ打法」とも呼ばれる
★近藤和彦 天秤打法
 構える際に、バットを頭の上に寝かせて持つ
★落合博満 神主打法
 神主がおはらいをしているような、バットを体の正面にし、グリップはやや低い位置でゆったりと構える
★梨田昌孝 こんにゃく打法
 腰を落としてリラックスし、全身をくにゃくにゃと動かしながらタイミングを取る
★イチロー 振り子打法
 投手側の足を上げ、振り子のように揺らしてタイミングを取る
★種田仁 ガニ股打法
 足を大きくガニ股に開き、両足か投手側の足はつま先立ちをする独特の打法

(紙面から)