2014.12.4 05:06(3/3ページ)

マー君超えだ!楽天・則本、球団最速3年目で大台1億円到達!!

特集:
2014ドラフト会議
田中将大
契約更改会見後、笑顔で「一億円クラッカー」を手にする楽天・則本=楽天球団事務所(撮影・土谷創造)

契約更改会見後、笑顔で「一億円クラッカー」を手にする楽天・則本=楽天球団事務所(撮影・土谷創造)【拡大】

 すでに先の戦いを見据えている。会見場では今季、オリックス・金子が獲得した沢村賞の獲得を目標に掲げた。この日、球団側から複数年契約を提示されたが、固辞。安部井寛チーム統括本部長(40)は「エースになるプロセスを順調にたどっている」と高評価。それでも、則本は一年ごとの勝負にこだわり、単年契約を選んだ。

 「年下にも年上にも負ける気はない。それは声を大にして言いたい。来季はもちろん開幕投手を狙って(同投手の)連続記録を目指す」と則本。今オフも自主トレを行う田中からエース学を継承し、勝負の3年目に備える。 (広岡浩二)

★MLBスターからプレゼント

 今秋の日米野球第3戦で則本は米大リーグ選抜を相手に5回を投げ、1人の走者も許さない“完全”の快投劇をみせた。期間中にはスター軍団から宝物をゲット。「同世代のアルテューベ(アストロズ)とプイグ(ドジャース)からサインをもらった」と目を輝かせた。

 来季以降のメジャー挑戦について「自信になったけど、それ以前にプロでまだ2年しか結果を残していない。もっと結果を残してから考えたい」。大リーグ関係者からの視線は熱いが、当面は封印する姿勢だ。

データBOX

 楽天・則本が来季3年目の年俸を1億2000万円で更改した。入団3年目での1億円到達は2000年の巨人・高橋由伸(1億1000万円)、01年の西武・松坂大輔(1億円)、07年の日本ハム・マイケル中村(年俸130万ドル=当時1億5800万円の2年契約)、15年の巨人・菅野智之(1億1000万円)に次いで史上5人目。楽天で入団3年目に到達したのは、田中将大(現ヤンキース)の4年目(3年目の09年7500万円→10年1億8000万円)を抜く最速となった。

則本 昂大(のりもと・たかひろ)

 1990(平成2)年12月17日生まれ、23歳。滋賀県出身。八幡商高から三重中京大を経て2013年ドラフト2位で楽天入団。昨季、パ・リーグでは55年ぶりとなる新人開幕投手を務め、15勝を挙げるなど球団初の日本一に貢献。今季は2年連続で開幕投手を務めた。通算成績は57試合に登板、29勝18敗、防御率3・16。1メートル78、82キロ。右投げ左打ち。既婚。背番号14。

契約更改一覧

(紙面から)