2014.11.27 05:02(3/3ページ)

異例の公開エース禅譲!能見が名指し「藤浪中心にやってもらう」

藤浪も豪快なドライバーショットを披露

藤浪も豪快なドライバーショットを披露【拡大】

 今オフ初ラウンドの藤浪は能見、岩田、久保2軍投手コーチとラウンド。昼食を挟んだ後の後半の1番パー5。1打目は一直線に飛ぶ300ヤード級のロングドライブだったが、飛びすぎてしまい、バンカーに吸い込まれてしまった。

 この日はショットがやや不安定で「きょうはあんまりよくなかったので」と思案顔。野球でも最速157キロの速球を持ちながら、四球やちょっとした制球の乱れから崩れてしまう試合も多かった。

 「球の速さだけじゃないんで。それ以外も磨きたいです」

 エースを託された右腕が来季、悲願の日本一へ、虎投を引っ張っていく。(山口大輝)

能見のエース返上宣言VTR

 11月13日に西宮市内の球団事務所で契約に臨み、FA宣言残留での3年契約を結んだ後の会見で、報道陣からエースという言葉が出ると「その言葉は解放してくださいよ。チームとしてはそっち(自分以外がエースになること)の方がいい方向にいく。僕が言われるようじゃダメですよ」と話した。「この歳になると気を配るというか、見えるものもあるので。若い子がいい方向になるように気づいたものは伝えたい」と一歩引いてチームに貢献することを誓っていた。

(紙面から)