2014.11.25 05:04

巨人、オリ・金子が次回FAまでメジャー挑戦封印なら獲得も

ファン感謝祭「Bs Fan-Festa 2014」でナインと共に笑顔を見せるオリックス・金子(右)=京セラドーム大阪(撮影・鳥越瑞絵)

ファン感謝祭「Bs Fan-Festa 2014」でナインと共に笑顔を見せるオリックス・金子(右)=京セラドーム大阪(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 ポスティングシステムを利用しての米大リーグ移籍を視野に、オリックスから国内フリーエージェント(FA)宣言していた金子千尋投手(31)が24日、今オフのメジャー挑戦を断念したことを明らかにした。

 巨人はポスティングシステムの利用を容認しておらず、これまで静観してきた。FAでヤクルトから相川亮二を、DeNAから金城龍彦を獲得したが、金城は補償ランクがCのため、まだ獲得枠(Bランク以上で2人まで)が残っている。レンジャーズのマイコラス、ポレダ両投手と近日中に正式契約の予定だが、21日には白石オーナーも「当然のことながら、投手陣の補強を最優先で考えないといけない」と発言。金子が次回FAまでメジャー挑戦を封印すれば、獲得に動き出す可能性もある。

FA有資格選手

(紙面から)