2014.11.24 05:03(2/2ページ)

ヤクルト・古野が34歳姉さん女房と結婚!来オフ以降に挙式

11月4日に結婚した古野(右)。お相手は34歳、元会社員の一般女性(左)。愛の力で、来季は1軍定着を目指す

11月4日に結婚した古野(右)。お相手は34歳、元会社員の一般女性(左)。愛の力で、来季は1軍定着を目指す【拡大】

 古野が生涯の伴侶を得た。秋季キャンプが行われていた愛媛・松山市は夫人の本籍地。4日、同市役所に二人で出向いて婚姻届を提出した。

 「忘れられない日に結婚しようと思って、(夫人の)誕生日を選びました。これからは家族を支えていかないといけない立場。より一層、頑張りたい」

 出会いは昨年11月。知人の紹介で知り合い、今年1月から交際をスタートさせた。「(夫人は)周りに流されない。しっかりしているし、結婚するならこういう人だと思った」。9月下旬に夫人の自宅でプロポーズし、夫人の34歳の誕生日だった4日を“結婚記念日”に選んだ。

 夫人は料理上手で「味が濃いものが続いたら和食を出してくれる」。すでに東京都内で新生活をスタートさせており、来オフ以降に挙式を行う。

 3年目の今季は開幕ローテーション入りを果たしたが3勝4敗、防御率5・35に終わった。「先発ローテを勝ち取りたいが正直、1軍で投げられれば(役割は)何でもいい」と結婚を機にステップアップを狙う。

古野 正人(ふるの・まさと)

 1986(昭和61)年9月27日生まれ、28歳。兵庫県出身。報徳学園高から龍谷大、日産自動車、三菱重工神戸を経て2012年ドラフト6位でヤクルト入団。1年目は右肩痛で登板機会なし。13年4月に1軍デビューを果たし、同年8月6日の中日戦(浜松)でプロ初勝利を挙げた。通算成績は27試合に登板、4勝6敗、防御率5.13。1メートル78、80キロ。右投げ右打ち。今季年俸960万円。背番号40。

(紙面から)