2014.11.14 05:03(3/3ページ)

阪神・能見、生涯タテジマに 3年契約4・5億円でFA宣言残留

契約更改を終え、記者会見する阪神の能見篤史投手=13日、兵庫県西宮市の球団事務所

契約更改を終え、記者会見する阪神の能見篤史投手=13日、兵庫県西宮市の球団事務所【拡大】

 もちろん、このままフェードアウトするつもりはない。

 「年齢的なものもあり、少し体が動かないというのも多少あった。それをどう克服するか。ある程度、目星はついています。いいませんけど(苦笑)。結果で判断してもらうしかないので」

 まだまだ若手と競っても負けると思ってはいない。エース争奪戦がスタートすることが、来季10年ぶりのリーグ優勝につながると信じている。

 「(今季巨人と)7ゲーム差ですから。まずはペナントレースを優勝して意味がある。来年の目標として向かっていく」

 エースと呼ばれても、呼ばれなくても、能見が虎を引っ張っていく。 (阿部祐亮)

★猛虎愛貫いた

 能見は昨オフから初取得する国内FAについて、ことあるごとに「関係ないです」と強調。FA宣言残留はすんなり決まったよう見えるが「実際どこでどう変わるかわからないので…」と自問自答を繰り返した末の結論だったという。宣言した場合は左腕がほしいソフトバンクなどが獲得に乗り出す可能性もあったが、球団から3年契約を提示され、タイガース愛を貫いた。

移籍・退団情報へ

契約更改一覧

FA有資格選手一覧

(紙面から)