2014.11.13 05:03(2/2ページ)

ヤクルト、Wヘッダー“デート”で大引と成瀬いただきます♪

FA選手を獲得した場合の旧球団への補償

FA選手を獲得した場合の旧球団への補償【拡大】

 『大いに安し』-。何事においても吉とされる日取りにこだわって、ヤクルトが縁の“結実”を目指す。

 「解禁初日だし、大安吉日。最初に会って熱意を伝えていきたい」。FA交渉に出席する新(あたらし)純生・専務取締役が言葉に力を込めた。真中監督の就任会見(10月8日)でもこだわった大安吉日に、東京都内の結婚式場で大引とは昼食、成瀬とは夕食を交えて交渉予定。松山秋季キャンプ中の真中監督も弾丸帰京し、“恋人”たちに思いを伝える。

 条件面も羽振りよし。成瀬には3年6億円程度と背番号「17」を用意。大引にも3年3億円程度の条件を提示する見込みで、出来高なども含めれば総額10億円の大補強になる。ヤクルト本社も業績好調で、今オフの補強費は潤沢。衣笠剛球団社長は「課題の投手陣、センターラインという意味で来てもらえれば、かなりの補強になる。条件的にもいい提案ができるんじゃないかと思っています」と自信をのぞかせた。

 成瀬は他球団と交渉する予定がなく、移籍は決定的。大引は楽天、オリックスとも交渉する計画だが、ヤクルトが優位な状況は変わらない。今季12球団ワーストのチーム防御率4・62。再建が急務な投手陣と先発を固定できなかった遊撃のポジション。最大の補強ポイントを埋めるため、ヤクルトが吉日のダブルヘッダー交渉に全力を注ぐ。

FA有資格選手一覧

(紙面から)