2014.11.12 05:02(3/3ページ)

阪神・能見、3連続K!圧巻メジャー斬りにファレル監督も絶賛

プイグも空振り三振

プイグも空振り三振【拡大】

 この日、鳥谷は海外フリーエージェント(FA)権を行使することを宣言。虎と決別し、憧れのメジャー入りへ大きく踏み出した。一方の能見は6日の自主練習後、今季取得したFA権を行使し、残留する意向を表明した。生涯タテジマを宣言した左腕エースだが、「ノウミ」の名前はメジャーリーガーの中に強烈な印象を残した。

 大リーグ選抜の指揮を執るジョン・ファレル監督(52)も「コントロールもすばらしいし、あのフォークはキレがある」と絶賛した。

 今季は9勝止まりで納得のいくシーズンを送れなかったが、15年に向けて大きな収穫を手にした。「来季に向かって何をすべきか。しっかりボールを投げることです。話せば、30分ぐらいになりますが…」。

 レギュラーシーズンでは試合後に笑うことの少なかった能見が、最後に存在感を示した。今年一番、マウンドで輝いた。 (三木建次)

阪神投手と日米野球

 ★村山実 1962(昭和37)年11月17日(後楽園)全日本の一員としてデトロイト・タイガース戦に先発。9回2安打6奪三振で、124球で完封勝利を飾った
 ★川尻哲郎 98(平成10)年11月11日、日米野球第4戦(大阪D)、MLB選抜のシリングと投げ合い、日米野球史上初の完封目前の九回一死で死球を与え、監督の長嶋茂雄によって大塚晶文に交代させられた
 ★井川慶 2006(平成18)年11月7日、日米野球第4戦(京セラD)で、米国選抜と対戦した全日本先発の井川6回2失点と好投。4番・ハワードを左飛、三振、併殺打に仕留めた

試合結果

試合日程へ

代表メンバーへ

(紙面から)