2014.11.12 05:02(2/3ページ)

阪神・能見、3連続K!圧巻メジャー斬りにファレル監督も絶賛

能見は二回、サンタナを空振り三振

能見は二回、サンタナを空振り三振【拡大】

 二回だ。大リーガーたちも脱帽だ。今季27本塁打の4番サンタナ(インディアンス)を2ストライクと追い込み、外角低めのワンバウンドのフォークで仕留めると、キューバの怪物、プイグ(ドジャース)、今季ナ・リーグ首位打者モーノー(ロッキーズ)も簡単に料理。フォークで3者三振斬りだ。

 能見は「シーズンと違ってみえないプレッシャーがなかった。気持ちの持ちようが違った」としてやったりの表情。2回を1安打無失点。3奪三振の快投だった。

 本拠地、甲子園で巨人との連合チームでメジャー軍団に挑んだ。サードには村田、ショートは坂本、ライトには亀井…。能見は「変わった感じでした。もう2度とないでしょうね。いい経験をさせてもらいました」とはにかんだ。

 スタンドでは黄色とオレンジのメガホンが同時に揺れ、「すごいぞ、ナイスピッチング、能見」とエールが飛ぶ。この試合の前半の主役は、間違いなく奪三振ショーを演じた能見だろう。

【続きを読む】