2014.11.11 05:00(1/3ページ)

【虎のソナタ】「新庄二刀流」思い出させる!?大和の遊撃練習

遊撃でノックを受ける大和(右は狩野)。本格コンバートの予感!?

遊撃でノックを受ける大和(右は狩野)。本格コンバートの予感!?【拡大】

 腕組みをして、だんだん心なしか目が涙目にみえてきた…いえ、侍ジャパンのベンチで小久保裕紀監督が…です。

 相手は肩の力を抜いて戦っているソフトバンク・日本ハム連合チームだ。考えようによっては現在の日本で一番強いチームなんです。つわもの共は“背負っているもの”がないんだから…。

 それに比べて侍ジャパンはなにしろ背中に“国の名誉”がノシかかっている。その点ではこの日、北京の人民大会堂で中国習近平国家主席と3年ぶりの『首脳会談』となった我らが安倍晋三首相と背負っているモノはほぼ同じほどだ。

 だから緊張して点が入らない。普段着野球が出来ない金縛りという状態。まぁこれがWBCとなると日頃から慣れ親しんだ連中とは違うし、データだけは無茶苦茶あるだろうが、そこはそれ人間だから違う。だからこの大苦戦がそのまんま本番になだれ込むという心配は無いのだけれど、とにかく緊張に弱い? のはいまの間に治しておいてもらいたい。

【続きを読む】