2014.11.11 05:02

燕・田中浩、FA権行使せず残留へ「スワローズで優勝したい」

 FA権を保有しているヤクルト・田中浩康内野手(32)が権利を行使せず残留することが10日、わかった。球団側に意向を伝えた。サンケイスポーツの取材に田中浩は「熟考しましたが、スワローズで優勝したいという気持ちが強かった」と話した。近日中に正式契約する。

 田中浩は2007年から堅守と巧打で二塁の定位置を守ってきたが、今季は山田のブレークで出場機会に恵まれず、出場は77試合にとどまった。6月に海外FA権を取得。今季は2年契約の最終年にあたり、球団側から慰留を受けていた。今後は二塁以外のポジションにも挑戦し、自らの可能性を広げる考えもある。「チームに貢献できるように今まで以上に力をつけたい」と誓った。

FA有資格選手一覧

(紙面から)