2014.11.10 05:01

侍21U、2次R進出!アマ唯一のスタメン法大・畔上が2打点

2回、先制犠飛を放つ法大・畔上翔=台湾・インターコンチネンタル球場(撮影・鳥越瑞絵)

2回、先制犠飛を放つ法大・畔上翔=台湾・インターコンチネンタル球場(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 21Uワールドカップ1次ラウンド(日本7-2オランダ、9日、台湾)21U日本代表はオランダに7-2で快勝し、開幕3連勝で2次ラウンド進出を決めた。前日のベネズエラ戦に続き打線が好調で二回に3点を先取し、四回には、鈴木(広島)の2点二塁打などで4点を追加した。

 「7番・左翼」で先発した畔上(法大)が2安打2打点の活躍。アマチュアで唯一のスタメンだったが、「日本が勝てるようにやってきました。貢献できてよかった」と満面の笑みを浮かべた。投手陣では、六回から2番手で登板した熊原(仙台大)が5三振を奪うなど、2回無失点。3番手の桜井(立命館大)も2回無失点で、試合を締めた。(山口大輝)

試合結果へ

試合日程へ

日本代表メンバーへ

(紙面から)