2014.11.8 05:01

快投に期待!阪神・能見、先発でメジャー斬る「すべてが勉強」

阪神・中西投手コーチ(左)と話す能見=鳴尾浜球場(撮影・白鳥恵)

阪神・中西投手コーチ(左)と話す能見=鳴尾浜球場(撮影・白鳥恵)【拡大】

 阪神秋季練習(7日、鳴尾浜)阪神・能見が和田監督から、11日に開催される「阪神・巨人連合対MLBオールスター」(甲子園)の先発起用を告げられ、静かに闘志を燃やした。

 「準備はちゃんとしているので、大丈夫です」

 秋季練習に参加し、一番乗りでブルペン入り。変化球を織り交ぜ、43球を投じた。本来ならノースロー期間だが、大役を任され、前日6日にFAの宣言残留を表明したエースは気合十分。指揮官も「(11日は)甲子園だしね。すべてが勉強。どう感じて今後に生かしていくか」と快投に期待を寄せた。

試合日程へ

(紙面から)