2014.11.7 05:02

日本ハム・大引、FA権の行使表明「高い評価してくれる球団を」

大引がFA権の行使を宣言。今後は移籍先を熟考する(撮影・今野顕)

大引がFA権の行使を宣言。今後は移籍先を熟考する(撮影・今野顕)【拡大】

 日本ハム・大引啓次内野手(30)が6日、千葉・鎌ケ谷市の2軍施設で会見。他球団への移籍を前提として、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権の行使を表明した。

 「今後の野球人生のことを考えて、他球団の話を聞いたほうが自分にとっていいと思った」と理由を説明。球団は宣言した上での残留を認める方針だが、「はっきり申し上げて、限りなく(可能性は)少ないです」と明かした。

 プロ8年目の今季は、自己最多の132試合に出場。移籍2年目ながら主将を務めた。移籍先について、「自分を必要としてくれて高い評価をしてもらえる球団を探したいです」と話した。

(紙面から)