2014.11.4 05:04(1/3ページ)

ヤクルトD2・風張、オホーツクのMAX152キロ豪腕が燕救う

特集:
2014ドラフト会議
世田谷から神宮球場の方角を指差した風張。ブレザーを着ていても胸板の厚さが目立つ (撮影・小倉元司)

世田谷から神宮球場の方角を指差した風張。ブレザーを着ていても胸板の厚さが目立つ (撮影・小倉元司)【拡大】

 ヤクルトからドラフト2位指名された風張蓮(かざはり・れん)投手(21)=東農大北海道オホーツク=が3日、東京・世田谷区の東農大世田谷キャンパスで指名あいさつを受け、背番号32を提示された。オホーツクキャンパスがある北海道・網走市で大根掘りやサケの積み下ろしのアルバイトを経験した最速152キロ右腕は、14日に開幕する明治神宮大会で一足早く神宮のマウンドを踏む。

【続きを読む】