2014.11.3 05:02

珍トレで出世や!阪神・若手投手陣が平均台の上で投ッ!!

投球はバランスが命! 平均台の上で、岩本や藤原(奥)らが棒を振った

投球はバランスが命! 平均台の上で、岩本や藤原(奥)らが棒を振った【拡大】

 阪神の若手投手陣7人が2日、高知・安芸で行われている秋季キャンプで久保康生2軍チーフ投手コーチ(56)から平均台の上で1メートル80の木の棒を縦に何回も振る珍しいトレーニング方法の伝授された。

 平均台の上で棒をビュンビュン振る。打撃練習じゃない。汗をぬぐったのは若虎投手だった。

 「バランスが悪くなると、投げられなくなるんですよ。上腕二頭筋がプルプルします。結構きついですよ」と大卒7年目の白仁田。かつて、2軍時代に能見も取り組んでいたという“出世トレ”だ。

 発案者の久保2軍チーフ投手コーチは「この練習はフォームのバランスと体幹が同時に鍛えられる。体の使い方のヒントを見つけてほしいね」と狙いを説明。キャンプ中毎日やっていくといい、「スパルタ式で鍛えるのではなく、技術に趣を置く“技術の秋”にしたい」と話す。

 無駄な練習は1つもなし。若虎たちは実りの秋を誓って汗を流す。

  (柏村翔)

(紙面から)