2014.10.30 05:00

阪神・藤井、痛恨の野選でピンチを広げる「いけると思った」

10回、フィルダースチョイスでオールセーフとなり、座り込む阪神・藤井=ヤフオクドーム(撮影・白鳥恵)

10回、フィルダースチョイスでオールセーフとなり、座り込む阪神・藤井=ヤフオクドーム(撮影・白鳥恵)【拡大】

 SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク5x-2阪神=延長十回、ソフトバンク3勝1敗、29日、ヤフオクドーム)シリーズ2度目の先発となった藤井は延長十回に痛恨の野選でピンチを広げた。一死一塁から本多の犠打で二塁封殺を狙って失敗した。「勝負したというか、いけると思った」。スタメンでは、岩田と今季初コンビ。初回の2点以降は投手陣を必死にリードしたが…。サヨナラ本塁打を浴びた呉昇桓については「球はめちゃくちゃ走っていた」とかばった。

試合結果へ

日本S日程へ

(紙面から)