2014.10.30 05:00

OB浜中氏が阪神入閣へ 2軍打撃コーチで戦力の底上げに

特集:
2014ドラフト会議
浜中治氏

浜中治氏【拡大】

 阪神が来季の2軍打撃コーチに、OBの浜中治氏(36)=野球評論家=を招へいすることが29日、わかった。球団幹部が認めた。ここ数年、生え抜きの打者の育成が課題とされており、戦力の底上げを若い指導者に託すことになった。

 浜中氏は南部高から1996年にドラフト3位で阪神に入団した。2001年から3年連続で2桁本塁打を記録。03年には、開幕4番を務めて日本シリーズに出場した。右肩の故障に悩んで、オリックス、ヤクルトへ移籍後、11年オフに現役を引退した。チームは今季、後半に伊藤隼が1軍に定着したものの、その他に新しい顔は少なかった。ただ、2軍には一二三、中谷、北條ら将来を期待される若手も多くいる。生え抜きから猛虎の4番まで登りつめたOBの新鮮な指導で、ひとつでも多くの才能開花が期待される。

(紙面から)