2014.10.28 21:26

阪神・藤浪、六回途中3失点で降板…救援陣もつかまる

6回途中で降板した藤浪を労う阪神・和田監督=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)

6回途中で降板した藤浪を労う阪神・和田監督=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)【拡大】

 SMBC日本シリーズ第3戦(ソフトバンク-阪神、28日、ヤフオクドーム)阪神・藤浪晋太郎投手(20)は、5回2/3を投げ7安打3失点6奪三振で降板した。

 阪神・藤浪は一回、一死三塁から内川に中越へ適時二塁打を打たれ、先制点を奪われた。さらに一死一、三塁のピンチを招いたが、ここは松田をカットボールで空振り三振、中村を捕邪飛に抑え最少失点で切り抜けた。三回も一死一、三塁のピンチを背負ったが、ここも松田を一邪飛、中村を中飛に抑え無失点で切り抜けた。

 しかし四回、先頭の吉村に四球を与えるなど一死二塁にすると、続く細川の打席で暴投(振り逃げ)、二走・吉村の生還を許し2点目を失った。さらに、六回に先頭の吉村に中前打を許すと今宮を投ゴロ、細川を空振り三振で二死一塁の場面で、交代を告げられた。

 2番手の高宮が柳田に死球、明石には右前打を許し満塁のピンチを招くと、3番手の安藤は内川を三ゴロに打ち取ったかにみえたが、三塁手・西岡が二塁に送球しセーフ。野選で3点目を失った。なおも満塁で李に中前に2点適時打を打たれ、0-5とされた。

 藤浪は「五回までは悪いなりにもある程度は粘れたとは思いますが、六回までは投げ切らないといけなかったです」と反省した。

試合結果へ

日本S日程へ