2014.10.27 05:02

虎・能見、6回2失点「勝負しにいって打たれるのは仕方ない」

ソフトバンク戦に先発した阪神・能見=甲子園

ソフトバンク戦に先発した阪神・能見=甲子園【拡大】

 SMBC日本シリーズ第2戦(阪神1-2ソフトバンク、1勝1敗、26日、甲子園)先発した阪神・能見は6回を6安打2失点。一回に一死二塁から内川の左前適時打で先制を許すと、四回には一死から李大浩に左翼にソロを浴びた。チームを勝利に導けず「(内川には)うまく打たれた。あれは仕方ない。(李大浩には)ちょっと甘く入った。勝負しにいって打たれるのは仕方ない」と鷹打線をたたえるしかなかった。次回登板する見込みの11月1日の第6戦(甲子園)でリベンジする。

試合結果へ

日本S日程へ

(紙面から)