2014.10.27 05:00

虎・藤浪、「執念」で勝つ「それにつきる。楽しむ感覚はない」

 28日の第3戦(ヤフオクD)に先発予定の阪神・藤浪は26日、前夜の快勝を振り返った。「野手の方もランディ(メッセンジャー)も強い気持ち、モチベーションで臨んでいた。シーズン中もそうですけど、そういう思いが強かった」。大阪桐蔭高3年時には甲子園春夏連覇を達成するなど、短期決戦で結果を残してきた右腕は「勝つという執念。それにつきる。楽しむ感覚はない」と決戦を控え、気を引き締めていた。

日本S日程へ

(紙面から)