2014.10.20 11:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】来季10年ぶりリーグVへ!ドラ秘策『ウルトラプラン』の裏側

特集:
2014ドラフト会議
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
早大・有原航平投手

早大・有原航平投手【拡大】

 これでもか! のピッチャー指名で活路を開く方向です。阪神・和田豊監督(52)の続投決定後、クライマックスシリーズ(CS)の第1Sで広島を破り、第2Sでも巨人を4連勝で下しました。一方で来季に向けた組閣作業、補強プランは水面下で進められていますが、打撃コーチを検討していた金本知憲氏の招聘(しょうへい)を断念。FA補強も大修正を迫られている状況下、球団内部からは「来季への大テーマは投手補強に尽きる」という声が…。23日のドラフト会議では指名選手全員がピッチャー! の可能性が一気に膨らみました。

 明らかにフォローの風が吹いていますね。CS進出前に和田監督の続投が決定し、監督自身も恐れる? ものがなくなったんですかね。CSでの采配には迷いがなく、日頃は口うるさい関西のマスコミ(アンタが一番、うるさいって? ほっといて)も和田采配を大絶賛してますね。

 「なんだかボディーパフォーマンスも大きくなって、選手起用も大胆になった気がする。吹っ切れたんじゃないか」とサンスポ専属評論家の阪神OB・上田二朗さんも“和田の変身”に高い評価をしていましたね。

 9年ぶりの日本シリーズ出場を決め、熱い戦いが続く一方で、阪神球団は来季に向けた戦力整備を進めています。ひとつは和田監督を助けるコーチ陣の再編成であり、もうひとつは戦力補強ですね。

【続きを読む】