2014.10.20 05:04(2/3ページ)

4連勝で日本一や!阪神・和田監督が豪語「負ける気がしない」

特集:
2014ドラフト会議
帰阪した阪神・和田監督=大阪国際空港(撮影・永田直也)

帰阪した阪神・和田監督=大阪国際空港(撮影・永田直也)【拡大】

 同便となった修学旅行生が、空港ロビーに焚かれた無数のストロボに目を丸くする。「えっ誰、誰!?」。今度は、口が開く。光りの中から現れたのは短期決戦の鬼、和田豊。巨人を完膚なきまでに叩きのめした名将だ。

 CS優勝を果たした前夜(18日)は、東京都内の宿舎で軽い祝勝会を選手、球団幹部、スタッフらと開いた後、自室で「1人酒や」。愛する日本酒と喜びに酔った。おそらく、深酒ではない。一夜明けた顔で分かる。もう、次のステージを見据えたファイターの目になっていた。

 「すぐやもんな」

 25日からは、9年ぶりに日本シリーズの舞台へと上がる。ソフトバンクか、日本ハムか-。対戦球団は20日に決まる。ただ、鷹でもハムでも、CSを無敗(5勝1分け)で制した猛虎の牙に、ムシャムシャと食いちぎられるだけのこと。

 「選手たちは今、負ける気がしないと思う。あしたにでもやりたいぐらいだよ」

 ファーストステージ(対広島、甲子園)は2試合で両軍合わせて1点と「守」で制し、ファイナルS(対巨人、東京ドーム)は1試合平均5点を上回る「打」で制した。奇跡的な投打のかみ合わせに、指揮官は自信を深めている。

【続きを読む】