2014.10.19 05:06(3/3ページ)

Gボッコボコ4連倒や!和田阪神、CS無敗で日本シリーズ進出

特集:
2014ドラフト会議
インタビューを受ける阪神・和田監督=東京ドーム(撮影・中島信生)

インタビューを受ける阪神・和田監督=東京ドーム(撮影・中島信生)【拡大】

 「特にうちは双子やったから大変だったな。30分でもいいから、子どもを見てやると、奥さんは助かるからね」

 子供の話をするときだけ父の顔に戻る。監督就任以来、家族に大きな負担をかけてきた。自身への非難、批判が身内へ及ぶことも。黙って耐える子供たちを見てきた。だからこそ自分がくじけるわけにはいかなかった。

 今でも明美夫人(52)の家事を手伝う。家族全員が揃うことはほとんどなくなったが「ここだけはスケジュールを空けてほしい」と球団に頼む特別な日がある。毎年12月、夫人との結婚記念日と長女の誕生日が近い日に重なる。1年で唯一と言っていい家族団らんのとき。行きつけのレストランで食事をして、5人が肩を並べた記念写真を撮る。それが、和田家の年賀状だ。

 西宮の自宅には1本のワインが眠る。プロ1年目の1985年産-。阪神最後の日本一の年のヴィンテージものだ。「まだ取ってある。取っておきだよ。セキ(関本)と一緒だ。開けるのが楽しみや」。マウンドで狂喜乱舞する選手たちは、将の到着を待っていた。だが、三塁線付近で和田監督は歩みを止めた。胴上げは“おあずけ”だ。

 「日本シリーズで選手に胴上げしてもらうように、しっかり頑張りたいと思います!!」

 記念の栓を抜くのは、まだ先。頂点まで上り詰めたとき、家族と美酒を酌み交わす。 (栃山直樹)

データBOX

 阪神が4連勝で通算4勝1敗(巨人にアドバンテージの1勝)とし、2005年以来9年ぶり6度目の日本シリーズ出場。プレーオフ(PO)、CSでレギュラーシーズン1位以外の球団が日本シリーズに進出するのは10年ロッテ(3位)以来4年ぶり5度目。セでは07年中日(2位)以来、7年ぶり2度目
 PO、CSを無敗(アドバンテージを含まず)で突破したのは昨年の巨人に次ぎ9度目。2ステージを通じて無敗は07年中日に次ぎ2度目
 ファーストステージ(S)第1戦からの5連勝(1引き分けを挟む)は球団記録。PO、CSで5連勝以上は巨人(12年ファイナルS第4戦-13年ファイナルS第3戦の6連勝)以来5度目で、同一シーズンでは07年中日に並ぶ最多

和田豊(わだ・ゆたか)

 元内野手。1962(昭和37)年9月2日生まれ、52歳。千葉県出身。我孫子高から日大を経て85年ドラフト3位で入団。粘り強い打撃で不動の二塁手としてチームを支えた。通算1713試合に出場、打率・291、29本塁打、403打点。最多安打1度、ベストナイン2度、ゴールデングラブ賞3度。2001年に引退。02年から打撃コーチなどを歴任し、12年から監督。1メートル74、74キロ。右投げ右打ち。年俸8000万円。背番号「86」

試合結果へ

CS日程へ

(紙面から)