2014.10.19 05:06(2/3ページ)

Gボッコボコ4連倒や!和田阪神、CS無敗で日本シリーズ進出

特集:
2014ドラフト会議
CSチャンピオンのプレートを高々と掲げる和田監督

CSチャンピオンのプレートを高々と掲げる和田監督【拡大】

 最後の打球が上本のグラブに収まると、次々と選手がマウンドへと駆け寄った。和田監督は、こみ上げる感情を抑えきれない。潤む瞳-。監督就任から1086日。茨の道を歩んだ3年間がフラッシュバックした。

 「ここに来るまでも色々あったから…。色々なものが詰まった、このCS優勝だと思う」

 お立ち台で誇らしげに帽子を突き上げた。虎の宿命のライバル、リーグ3連覇の巨人に敵地4連勝。この快進撃を、誰が想像できたか-。

 3年契約の最終年。2年連続のV逸で去就は揺れたが、10月6日の2位決定を受け、続投の内示を受けた。CS前に続投が正式決定。迎えた大舞台で奇跡を起こした。タテジマ一筋30年、現役時代からG倒に闘志を燃やしてきた将の意地。そして2年連続の9月の失速で貼られた「勝負弱い」というレッテルに対する意地。過去4度すべてファーストステージ敗退(1勝8敗)のCSを、5勝1分けの無敗で突破し、優勝チームに1勝のアドバンテージが与えられて以来、セ初の下克上だ。

 5位に沈んだ監督就任1年目。胃をやられ、医者から禁酒を命じられたこともあった。その後は2位、2位と奮闘も、優勝を逃し、ファンから厳しいバッシングを受ける日々…。後ずさりしそうになる背中に、家族が手を添えてくれた。

 3児の父。双子の長男・優輝さんと次女・彩美さん(23)はともに今春、関西大学を卒業。社会人となり、3人が全員、手から離れた。

【続きを読む】