2014.10.18 05:03(2/2ページ)

虎・福留、鮮やか同点打!「1球で仕留められてよかった」

6回 同点二塁打の阪神・福留。二塁上でガッツポーズを見せた=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)

6回 同点二塁打の阪神・福留。二塁上でガッツポーズを見せた=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 ファーストステージの広島戦を2戦1勝1分けで東京行きを決めた。第1戦の決勝弾が両軍唯一の得点。大舞台になればなるほど、力を発揮するのはプロ入り前から。社会人時代の自慢話がある。

 PL学園高から日本生命に進み、あるとき、仲間と豪州へ旅行した。挑戦したのがエサを船で引きながら魚を釣る、トローリング。ガツンとした手応えとともに、大格闘が始まった。

 時計の針が進めば進むほど、意地になった。1時間半が経過。何と出てきたのはカジキマグロだった。全長2メートル、200キロ。普段は釣果が期待できない地域だったため、地元民たちもビックリ仰天した大物。興奮しながらボートに旗を掲げたのはよき思い出だ。

 「あと1つ勝てばいいけど、相手に流れをやらないことが理想的だね」

 相手が大物の方が燃える。巨人に引導を渡してみせる。大海原での戦いのように死にもの狂いで日本シリーズ行きを決める。 (阿部祐亮)

試合結果へ

CS日程へ

(紙面から)