2014.10.18 05:03(1/2ページ)

虎・福留、鮮やか同点打!「1球で仕留められてよかった」

六回、代打で左越えに同点二塁打を放った福留。スタメンを外れても大仕事(撮影・鳥越瑞絵)

六回、代打で左越えに同点二塁打を放った福留。スタメンを外れても大仕事(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 (セ・リーグ、クライマックスシリーズファイナルステージ第3戦、巨人2-4阪神、阪神3勝1敗、17日、東京ドーム)打って欲しいという場面で打つ。それが阪神・福留孝介だ。代打であっても、自らの役目は変わらない。鮮やかに左越えに運ぶ同点二塁打。二塁ベース上でガッツポーズを繰り出した。

 「短期決戦だし、早めに(自軍が)手を打つことも考えられるし、想定はしていた。何があっても、いいように。1球で仕留められてよかった」

 CSで初のベンチスタートも、出番は早々にやってきた。1点を追う六回一死一、二塁。打席に新井良の場面で巨人が杉内から西村にスイッチ。和田監督は迷わず代打福留を告げた。対西村は今季2打数2安打と好相性だったが、気の緩みはなかった。

 「いいイメージとか、悪いイメージとかではなく、代打だし、打てる球を振っていこうと思った」。無心で2球目の直球をとらえた。打球はライナー性で左翼フェンスに直撃。ゴメスが巨体を揺らし、同点のホームを踏んだ。

 「最後も(大和の美技で)おおっという終わり方だったし、明日に向けていいんじゃないかな」

【続きを読む】