2014.10.18 05:03

阪神・ゴメス、セ最多タイのファイナルステージ通算6打点

7回、勝ち越しタイムリーを放つ阪神・ゴメス=東京ドーム(撮影・中島信生)

7回、勝ち越しタイムリーを放つ阪神・ゴメス=東京ドーム(撮影・中島信生)【拡大】

 (セ・リーグ、クライマックスシリーズファイナルステージ第3戦、巨人2-4阪神、阪神3勝1敗、17日、東京ドーム)ファイナルステージ第3戦は2位阪神が優勝の巨人に逆転勝ちし、3連勝で9年ぶりの日本シリーズ進出に王手をかけた。同点の七回に4番マウロ・ゴメス内野手(30)が左前に決勝2点打を放ち、決着をつけた。

 ゴメスが3打点を挙げてファイナルステージ通算6打点。PO、CSでの1ステージ最多打点は09年の日本ハム・スレッジの10打点だが、セでは08年の巨人・小笠原道大、09年の中日・森野将彦(いずれも第2ステージ)と並ぶ最多。

 阪神が東京ドームで3連勝。レギュラーシーズンで東京ドームで3連勝したのは2013年の4連勝(4月18日、5月6日~8日)以来。

試合結果へ

CS日程へ

(紙面から)