2014.10.16 05:05(1/4ページ)

「よっしゃあ!」雄叫びG倒!藤浪で阪神CSファイナルS先勝!!

七回二死満塁のピンチで、井端を一飛に仕留め、雄叫びを上げる藤浪(撮影・中島信生)

七回二死満塁のピンチで、井端を一飛に仕留め、雄叫びを上げる藤浪(撮影・中島信生)【拡大】

 (セ・リーグ、クライマックスシリーズファイナルステージ第1戦、巨人1-4阪神、1勝1敗、15日、東京ドーム)藤浪、男や!! ファイナルステージが開幕し、セ・リーグ2位の阪神が、優勝の巨人を4-1で破り、通算1勝1敗(巨人に1勝のアドバンテージを含む)とした。先発した阪神・藤浪晋太郎投手(20)は自己最速タイの157キロをマークし、7回1失点で勝利に貢献。1962年の日本シリーズでの村山実(25歳10カ月)を抜き、虎のポストシーズン最年少勝利を飾った。

【続きを読む】