2014.10.10 05:02(3/3ページ)

メッセには男前リード!阪神・藤井、11日CSスタメン出撃濃厚

ノックを受ける藤井。初戦でメッセンジャーの女房役を務める(撮影・鳥越瑞絵)

ノックを受ける藤井。初戦でメッセンジャーの女房役を務める(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 初戦の先発を託すメッセンジャーとは相性がいい。復帰後唯一かぶったスタメンマスクも、9月30日のDeNA戦(甲子園)。マウンドにはメッセンジャーがいた。押し出しにより敗れたが、8回3安打1失点。最多勝投手の良さを十分に引き出すリードは健在だった。今年こそ、元気なルーキー梅野が、メッセンジャーのお気に入りとして重宝されたが、藤井は昨季も22試合で先発コンビを組み、右腕は10勝7敗(シーズン12勝8敗)。的確なアドバイスをくれる5つ年上の“姉さん女房”は安心感が違う。

 この日もブルペンで助っ人右腕の球を受け、準備は万端。「(受けたのは)捕手がいなかったからじゃない? 関係ないよ」と笑ってごまかしたが、本番想定であることは間違いない。阪神が勝ったことのないCS初戦。自称・男前の女房がその扉を開けてみせる。

(紙面から)