2014.10.9 05:04

燕・真中監督、23日ドラフトで有原&安楽引き当てるぞ!

特集:
2014ドラフト会議
プロ野球ヤクルトの監督に就任し、記者会見する真中新監督=東京都港区・ヤクルト球団事務所(撮影・高橋朋彦)

プロ野球ヤクルトの監督に就任し、記者会見する真中新監督=東京都港区・ヤクルト球団事務所(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 ヤクルトが8日、真中満1軍チーフ打撃コーチ(43)の来季新監督就任を発表し、東京・北青山の球団事務所で会見を行った。

 8日に行われたスカウト会議では、ドラフト指名選手を投手中心に47人まで絞り込んだ。1位候補として早大の156キロ右腕・有原航平投手(4年)、愛媛・済美高の157キロ右腕、安楽智大投手(3年)を軸に即戦力投手数名をリストアップした。

 「勝つために必要な投手を集める。競合は辞さず、いい投手を獲るつもりです」と鳥原公二チーフスカウト。昨年は6巡目指名までだった獲得枠も広げ、投手を大量獲得する用意もあるという。10月23日のドラフト会議では真中新監督がくじを引く予定で、これが監督として初の大仕事となる。

(紙面から)